ルート/ユーズネット会長 井上政彦のブログ「おかげさまで」

井上政彦の、山あり谷ありの日々。
そんな毎日を「おかげさまで...」の気持ちを持ちながら、走り続けて行きます。

2007年11月25日 15:02  カテゴリ:私の販売の原点

創業当時のルート

昭和54年の正月を迎えることが出来ました。


元旦の夜・・
事務所2階の寝起きしている部屋に、なかばやけっぱちで、大きな文字を3枚書きました。

   「命かけて」


   「今に見ておれ、俺は日本一」


   「この道より、我を生かす道なし、この道を歩く。 この道は、日本一への道」            (これは、武者小路実篤の言葉に日本一を加えたものです)


 自分で書いた3枚をじっと見つめながら、今の夢を、4つ書きました。


① 借金を完済する  (目標期限、4年後・・昭和58年末)

② 月に100台売れる店にする  (達成期限、9年後・・昭和63年末)

③ 豊田まつり(現、おいでんまつり)に仕掛け花火を出す  (実行期限、9年後・・昭和63年)

④ 社員旅行で海外へ行く  (実行期限、9年後・・昭和63年)

その時の自分からすれば、夢の夢を書いたのでした。


4つの夢を目標に、行動を開始しようと熱く、熱く思いました。

すべての夢の達成は、販売台数アップにかかっていました。

今年中に、30台を達成させよう!

燃えに燃えて、54年の仕事が始まりました。


すべてのもと販売台数を上げるには、人が必要だと言うことで、店の前に張り紙を出しました。

「社員募集・・低賃金、重労働に耐えられる人」と・・


2月にK君、7月に整備のI君が入社してくれ、月販30台の体制は何とか整い、販売に勢いがついてきました。

この年(昭和54年)の暮れには、なんと、月の販売台数、40台まで売れるようになリました。



この販売台数増を振り返ると・・・

〇  昨年は、ヒトケタ万円(9万円まで)の商品だけであったものを、ヒトケタに加えて、最高販売金額、10万円台(19万円)まで拡げたことが大きく貢献しました。

〇  3月からクレジット会社と契約が出来、オートローンで買ってもらえるようになったこと。(ジャックスには今でも感謝をしています)

〇  スタッフがそろい、私の販売対応時間が確保された。

〇  ランチェスター戦略(田岡信夫著)に出会い、ルート豊田のように、弱い企業でも、地域・商品・お客様を絞れば勝てると信じて行動した。


54年年初に立てた目標は、すべて期日どうりとは行きませんでしたが、すべてを達成することが出来ました。


①  借金を完済する・・・昭和58年末期限    53年1月時点での借金は、56年末までには、ほぼ完済。
    3年前倒しで達成、(一日16時間労働、3年近くの1、000日無休、毎月200万~300万返済を続けました。)

②  月に100台売れる店にする。・・・昭和63年末期限   57年12月、100台達成
    6年前倒しで達成、(後に問題は起きましたが、非常に売ることがうまい男が入社)

③  おいでん祭りに、「仕掛け花火」を出す・・・昭和63年期限  平成4年に初めて「仕掛け花火」を協賛
    (昭和53年夏、他社の打ち上げ花火を見て、俺は仕掛け花火だ!と誓って、15年かかりました)

④  社員旅行で海外へ行く・・・昭和63年期限    平成4年末、スタッフとその家族をグアムへ招待
    (家族が一緒のため、旅行はまとまりがなく・・その後はお客様招待に変えました。)


期日はまちまちに達成しましたが、熱く思い・・目標をきちんと定め・・目標から目を離さなければ、必ず達成できるものだとつくづく思います。


100台達成したとき、大きく貢献してくれたのは、当社の最悪時、事務所から、すべてを運び出した、当時の整備工場の社長でした。

当社が、その整備工場に借金を返し終わった頃から、経営状態がおかしくなり、ついには、警察に捕まるような悪いことをしてしまいました。

その社長、O氏に保釈金を出して、入社させ、100台達成に貢献してもらったのでした。


今だから言えることです。

               創業当時のルート・・もう少し続けたいと思います。








同じカテゴリー(私の販売の原点)の記事画像
出会いと別れパートⅢ 今だから言えること
出会いと別れパートⅡ・・今だから言えること
出会いと別れパートⅠ26歳で社長になって 「今だから言えること」
整備工場のO社長を逮捕します「今だから言えること」
5,000万円の保証人に・・「今だから言えること」
北海道の人も拘置所の人も「今だから言えること」
同じカテゴリー(私の販売の原点)の記事
 出会いと別れパートⅢ 今だから言えること (2021-09-20 08:30)
 出会いと別れパートⅡ・・今だから言えること (2021-09-19 09:40)
 出会いと別れパートⅠ26歳で社長になって 「今だから言えること」 (2021-09-18 09:19)
 整備工場のO社長を逮捕します「今だから言えること」 (2021-09-17 07:43)
 5,000万円の保証人に・・「今だから言えること」 (2021-09-16 07:20)
 北海道の人も拘置所の人も「今だから言えること」 (2021-09-15 08:30)

Posted by まさひこ │コメント(10)
この記事へのコメント
井上会長のお話、いつも私のこれからの為に必要なもの…と、読ませていただいています。同じような考えを持っている方から色々と影響を受けているからでしょうか…井上会長の話はスッ…と入ってくるのです。
Posted by 瑞穂 at 2007年11月25日 15:57
瑞穂さんへ

いつも、見ていてくださり有難うございます。

励みにして、次を書きます。

私の失敗や良かったことが、少しでも、瑞穂さんの参考になれば、うれしいことです。

今日は法人会で、日間賀島へ行ってきます。
Posted by 井上政彦 at 2007年11月26日 09:11
昭和54年の元旦・・・、
会長の孤独感は言葉では表現しきれないほどのものだったと察します。
その後、社員さんが入ってくれた喜び。
でも、育てるがための社員さんへも叱り。
そのために、いつまでも付きまとう孤独感。
などなど色んな気持ちが伝わってきます。

早く続きが読みたいです。シモテック下村
Posted by シモテックシモテック at 2007年11月26日 10:38
シモテック  下村社長様

苦しい時・・
さみしい時・・

そんな時でなければ、見えないこと・感じないことが沢山ありました。

これからも、いろいろな場面に遭遇するかと思いますが、経験を糧にして、生きていこうと思っています。

これからもよろしくお願いします。
Posted by 井上政彦 at 2007年11月26日 11:36
若輩者の私にとってはとても身になる話だと感じます。
孤独感、不安感、パンドラの箱ではないが希望と色々思わせて頂きました。
続きを楽しみにしています。

大野管工 大野隆志
Posted by Water-Hammer at 2007年11月26日 11:51
大野管工 大野隆志様

私の最悪期、昭和53年、私は36歳でした。

今思えば、まだまだ若かったにもかかわらず、もう年齢的に再建は無理だと思ってしまいました。

あのときから、29年、私は・・まだ現役です。

大野さんの年齢は、仕事人生から言えばまだ入り口です。

夢を描き・・目標に変え・徹して行けば・・
すばらしい結果が得られます。

これからの人生!
すばらしいものにしてください。
Posted by 井上政彦 at 2007年11月27日 13:46
昭和54年の元旦の空気の冷たさはきっと一生忘れないでしょうね。

この冷たさをご存知だからこそ、

人の愛情や・気持ち、心の温度の温かみの

価値を誰よりもご存知なのかもしれません・

・・。

私は5年後はどんな人間に成長できている

のでしょう?

苦い経験を積んでこそ噛み締めると味のあ

る人生であった、と後から

言える者でありたいと願っています。
Posted by しましましましま at 2007年11月28日 06:00
「社員募集・低賃金、重労働に耐えられる人」
現在の求人では決して目にすることのない
募集要項ですね。
でも、そこに井上社長の当時の
状況と思いを感じます。
続き、楽しみにしています。
Posted by hahahaha at 2007年11月28日 15:56
しましま様

5年後になっていたい自分を先に決める。

そのなっている、5年後の自分から現在の自分にはしごを下ろす。

そのはしごを、1段・1段確実に登って行く・・

私の生き方です。

・・・自分自身なかなか出来てはいませんが・・・ご参考に・・・
Posted by 井上政彦 at 2007年11月28日 16:23
haha様

本当はもっと、かっこよく、募集をしたかったのですが・・

給料も本当に払えるのか・・自信はありませんでした。

結局、低賃金・給与支払日不定・低賃金・重労働勤務になってしまいました。
Posted by 井上政彦 at 2007年11月28日 16:30
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
創業当時のルート
    コメント(10)