ルート/ユーズネット会長 井上政彦のブログ「おかげさまで」

井上政彦の、山あり谷ありの日々。
そんな毎日を「おかげさまで...」の気持ちを持ちながら、走り続けて行きます。

2007年11月17日 17:11  カテゴリ:私の販売の原点

創業当時のルート

月のきれいな夜でした。

 右手に見えかくれする、矢作川の川面は、月の明かりで、キラキラと輝いていました。

自分を死に至らしめるための、ひも・ホースなど、すべを持っていないことに気づき、通りにあったガソリンスタンドへ乗り入れました。

「待てよ、俺は今、びた一文、持っていない!」

あわててスタンドを出て又走り出しました。

月原の手前か、藤沢あたりだったか・・・道路と矢作川の間に竹やぶがありました。

その空地に車を止めて、矢作の川面を、ぼうと眺めておりました。

今まで、本物でなかった自分のために、迷惑をかけてしまった、いろいろな人々が、浮かんでは消えていきました。

まるで、走馬灯のように・・・

 家では、満足な食事もない子供たちが、今夜もさみしく”ひもじい食卓”についていることだろう。

「ごめんなさい」「がんばって立派な大人になって・・・」




 車ごとダムに突っ込むか・・高い場所を見つけて車ごと・・

死に至るための、方法がきまりました。

いざと思い、バックしようと思った・・その時・・私の後ろから、「お・と・う・さーん!!」

子供たちの、「呼び声」が聞こえてきました。


「はっと」・・・・この呼び声で・・・われに帰ることができました。


「そうだ、俺には、子供たちがいる・・・文字どうり、死んだつもりで・・子供たちのためにがんばろう!」

「死んだつもりで・向かえば怖いものはないはずだ!」

「ようし!どんなことがあろうが・・・何年かかろうが・・・」


 来た道を今度は、下っていきました。

帰り着いた「ルート豊田」の事務所は、もぬけの殻になっていました。

15坪の事務所には、床に、黒い電話機がぽつんと置いてあるだけになっていました。

助けを求めて、相談に行った協力会社の整備工場が、トラックで来て、すべてを持って行ってしまったのでした。

相談に行ったとき、事務所のキーを忘れて来てしまいました。



外には、だれも持っていかなかった、車が2台だけありました。


翌日、義理の兄の紹介で弁護士さんに、この先のことを相談に行きました。

私の話を一通り聞いた弁護士さん、「あんたのケースは、ことが小さくて、いわゆる倒産の仲間には入らないよ」

「3000万や、5000万は頑張って仕事をして行けばどうにでもなる筈。」

「ましてや、債権者が、30人そこそこなら、明日から、いや、今からでも謝って回ればいいではないか。」

「そして、頑張った中から、少しづつ返していけばいい・・」

3000万・5000万は計算ができていなかった数字で、結果は、8000万から9000万の返済になりました。

あまり取り合ってももらえませんでした。


帰り際に、「一本吸っていきなさい」と、確かロングピースを差し出されました。

「今日のこのタバコの味を忘れないようにしなさいよ」といわれました。

おいしいピースでした・・・味は忘れましたが・・・おいしかったことは忘れられません。


今だから言えることです・・     

・・・・・・・・また、時間が許されるときを見計らって、  つづきをかきます。・・・・・・・・















同じカテゴリー(私の販売の原点)の記事画像
片目が10年入らないダルマさん、疲れが見えだした
55年ぶり カローラの新車
いつかは新車で 40年・・
出会いと別れパートⅢ 今だから言えること
出会いと別れパートⅡ・・今だから言えること
出会いと別れパートⅠ26歳で社長になって 「今だから言えること」
同じカテゴリー(私の販売の原点)の記事
 片目が10年入らないダルマさん、疲れが見えだした (2022-01-03 08:10)
 55年ぶり カローラの新車 (2021-12-30 07:06)
 いつかは新車で 40年・・ (2021-12-23 16:06)
 出会いと別れパートⅢ 今だから言えること (2021-09-20 08:30)
 出会いと別れパートⅡ・・今だから言えること (2021-09-19 09:40)
 出会いと別れパートⅠ26歳で社長になって 「今だから言えること」 (2021-09-18 09:19)

Posted by まさひこ │コメント(10)
この記事へのコメント
このブログを読むときはルーコ●でなく個人

的な立場で読んでいます。

お父さん、と呼ばれたのは今私を育ててくれ

ているルーコの社長も含まれているでしょう

う。本日会社に言ったら休日ですが一人お

仕事されている彼女がいました。

見えないところでいつも苦労を背負っている

ルーコの社長です。ふとその姿が心によぎり

ました。
Posted by しましま at 2007年11月17日 17:17
過去のものから何度も読見返してます。
奥深く考えさせられるものがいくつもあります。
続きが待ち遠しいです。
               シモテック 下村
Posted by シモテックシモテック at 2007年11月17日 17:55
  いやはや  井上さん・・

  修羅場をくぐった者しかわからない精神

  感無量ですよ。

   今 死ぬ気で仕事したら ほんまに 

  あの世でっせ~~~井上さん

   人生の味わいを 僕も味わいます

  うちは まだまだ波がやってきます

  波に呑まれそうな時は 浮き輪を投げて

  くださいな

    
  
Posted by ベーレン at 2007年11月17日 19:38
はじめまして。

記事を読み、自分はまだまだだなと思いました。
一昨年より、業績が悪化し悪循環にのっている状態だったので同じ事を考えたこともあります。
しかし、それでは自分の信念に反するので頑張っています。

このような記事を見ると、頑張る気力がわいてきます。
心にしみる言葉、ありがとうございます。
Posted by 大野管工の専務 at 2007年11月17日 20:17
いつも読ませて頂いています。
『死んだつもりで向かえば怖いものはないはずだ』
最近色々と悩んでいた私はまったく同じ事を言われました。そして何とか小さな一歩を踏み出せました。
私もこれからの道のりをいつか『今だから言える』…というものになるようにしていきたいです。いえ、していきます。
Posted by 瑞穂 at 2007年11月17日 20:40
しましまさん

自分が経験した池の中の点が、いい意味で大きく拡がればいいなあと思っています。
苦しいことは経験せず、共有のみしていい人生を歩んでいきましょう。


シモテック下村さん

自分自身が好んで経験したわけではありませんが、私の経験からより一層すばらしい経営者に成長されることを祈っています。


ベーレンさん

人と人とのつながりを大切にすることによって、沈みそうになった人があったら引き上げる…そんな心を持っていたら、きっと誰かが引き上げてくれるでしょう。
でも、常にお互い引き上げる側にいたいものですね。


大野管工の専務さん

憂きことの尚この上に積もれかし 限りある身の力試さん。
これは、一番苦しいときに母親からもらった言葉です。
苦難よ もっと来い!の気概で挑戦していきましょう。
バネは、縮められれば縮められるほど反撥力は強くなるもの。
Posted by 井上政彦 at 2007年11月17日 20:45
瑞穂さん

どんなに長いトンネルでも、出口方向を見定めて一歩一歩いけば、いつかは必ず明るい出口が見えてきます。
トンネルに入ったら、出口が楽しみになる…そんな気持ちで頑張りたいですね。
Posted by 井上政彦 at 2007年11月17日 20:49
とても勇気付けられました。ありがとうございます。前向きに頑張ります!
Posted by 瑞穂 at 2007年11月17日 21:07
ユーズネットグループを運営されているお立場と実績から「今だから言える」はどんな小説よりも映画よりも数多い研修よりも説得力のあるお話でした。
涙が自然と出てきてしまいます。

最近の弁護士は自己破産は手堅い報酬になるのでたやすく進めがちですが、その後の苦労はどうであれその弁護士との出会いも意味があったかもしれません。

私も今後いろいろな経営者と出会うと思いますが、もっともっと自己研鑽していかなくてはと改めて思える内容でした。
ありがとうございます。
そして、こうしてブログに公表する会長の勇気に感謝します。
Posted by 大宮龍幸 at 2007年11月18日 19:56
昨日 ルーコさんにお世話になりブログデビュー致しました。 ある会でご一緒している際に 井上社長から お父様のお話は聞かされておりました。 彼女が粘り強いお仕事をされるのは お父様の背中をみていらしたから…とお父様のブログを拝見して改めて感じました。 これからも お父様のブログを人生の先輩からのメッセージと受け止め 拝見させて頂きます。 私も新しい会社を興し 改めて今の自分を見つめなおす事を強いられる毎日です。 如何なる時も必然と受け止め… 笑顔を絶やさずに…と心がけております。
生かされている今を大切に 沢山の出逢いに感謝して日々を愉しみながら…これからも生きていこうと思っています。  ブログ愉しみに致しております。 
Posted by ドラミ at 2007年11月19日 18:47
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
創業当時のルート
    コメント(10)