ルート/ユーズネット会長 井上政彦のブログ「おかげさまで」

井上政彦の、山あり谷ありの日々。
そんな毎日を「おかげさまで...」の気持ちを持ちながら、走り続けて行きます。

2021年09月15日 08:30  カテゴリ:私の販売の原点

北海道の人も拘置所の人も「今だから言えること」

今年の夏・・北海道キャンピングカーショー出展を終えて
帰りに見つけた「花いっぱいの道




苫小牧で中古車販売業に失敗した K君を豊田へ連れてこようと
北海道へ行った折も 支笏湖を訪れていました。




北海道で行方不明の人も、拘置所の人も

「今だから言えること」第10弾
2008年04月12日 20:12

北海道の人
ユーズネットグループのくるま販売に携わるスタッフは、本年度入社3名を加え、45名になりました。

創業来、32年・・・・いろんな、スタッフが入社し、そして、退社していきました。



私が最初に就職したのは、愛知トヨタのガソリンスタンドでした。

北海道から、名古屋の大学に来ていたK君は、そのスタンドでバイトをしていました。

私が新車の販売に転進して、名前が売れるほどの成績を上げるのを、憧れの目で見ていたようでした。

だから、彼も大学卒業と同時に、札幌のトヨタディーラーのセールスマンになりました。

その年、彼は、そのディーラーで新人賞を取ったと報告がありました。

その後、彼は、5年ほどで優秀な成績を残して退社しました。

彼の地元、苫小牧で独立して中古車販売店を始めるためでした。

店を開いて、4~5年経ち、「経営状態が良くない、どうしよう」と、相談の電話が入るようになり心配していました。

心配になった私は、苫小牧まで出かけて指導したこともありました。

その甲斐なく、彼の会社は倒産、本人は身を隠してしまい、連絡が取れなくなってしまいました。

昭和55年のことでした。


「どうしているかなー」

最初は心配してましたが・・・・
月の販売台数100台を、「何が何でも達成するぞ!」と、決めていた、当時の私です・・・

彼の販売パワーを埋もれさせるのはもったいない!!
「なんとしても探し出し、当社へつれてこよう!」と、心のなかで決めました。

北海道で身を隠している人を・・さあ、どうやって探そうか?


まず、業界専門の月刊誌の伝言ページに、「尋ね人」として出してみました。
発売されてから、数日で反応がありました。彼の友達からでした。

居所がわかりました。

奥さんの実家で、札幌でした。

さっそく、札幌へ行きました。

いろんな問題が未解決で・・・今は動けない、とのことでした。


それから、約一年の間に、3回ほど訪ね、やっと彼を豊田へつれてきました。
落ち着いたら、家族も、豊田へとの約束でした。


K君がスタッフに加わったのは、昭和56年でした。


拘置所から出てきた人
もう一人強力なスタッフが、57年に加わりました。
前取引先の整備工場の社長で、名古屋拘置所から出てきた、O氏でした。

O氏の会社も経営が行き詰まり、倒産末期に、「法に背いたこと」をしてしまったのでした。
(O氏の件については、昨年秋、わたしのブログに書きました。)


53年に、行き詰って再建を果たした、私・・・

55年に、苫小牧で中古車会社を破産させた、K君・・・

57年に、整備工場を倒産させてしまった、O氏・・・

今日生きる事に命を懸けている、最強の3人が揃ったことにより、、、、

昭和57年12月に、中古車展示5台で、念願の100台販売、が、達成できたのでした。



それからのK君はホームシックなのか、販売意欲は下がってしまい、ついには北海道へ帰ってしまいました。


その後、一度も音沙汰はありませんでした。

たまに、北海道へ行くと、「どうしているかなー」と、思い出すくらいでした。



1年半前のことです・・・
愛知トヨタのガソリンスタンド勤務の時、お世話になった当時の森所長が亡くなられました。

そのお通夜が瀬戸でありました。K君と23年振りに再会しました。札幌から駆けつけたとのことです。

その後ずっと、車とは全く関係のない仕事をしているとのことでした。

顔色もよくとても元気でした。


仕事で行き詰まり、どん底以下になっていた彼に対して・・・・
救いの手を差し伸べたように見せかけて・・・・

当社が100台達成の為に、犠牲にしてしまったのかなーーー


当社の歴史を駅伝にたとえるなら・・・

K君も立派に、タスキをつないだ、ランナーの一人でした。



「今だから言えることでした」

  


Posted by まさひこ │コメント(0)